「スポーツ」のページへようこそ!

スポーツ

景浦  将
(かげうら まさる)
千葉 茂
(ちば しげる)
坪内 道典
(つぼうち みちのり)
西本 聖
(にしもと たか
し)
藤田 元司
(ふじた もとし)
藤本 定義
(ふじもと さだよし)
森  茂雄
(もり しげお)


スポーツ


景浦  将
(かげうら まさる)
(かげうら まさる)
<景浦将の歴史>

・景浦将=昭和初期の日本プロ野球選手。
・大正4/1915年
、松山市永代町で生まれる。松山商業卒業。
・昭和11/1936年、大阪タイガースに入団。投手兼野手として、最優秀投手、首位打者、打点王として活躍した。
・昭和20/1945年、戦死。

<景浦将のプロフィール>

日本プロ野球史上に残る伝説の選手の一人。本名が「將」であったことから、「鬪將(闘将)」の異名をとり、水島新司の漫画『あぶさん』の景浦安武のモデルの一人となったことでも知られている。戦前のプロ野球球団-朝日軍に所属していた景浦賢一は実弟。詩人の西條八十には「戦場を駆けるタンク」と称された。





大阪タイガース時代の景浦将


千葉 茂
(ちば しげる)
(ちば しげる)
<千葉茂の歴史>

・千葉茂=昭和期〜平成初期の日本プロ野球選手および監督、コーチ、評論家。
・大正8/1919年、新居郡西条町で生まれる。松山商業卒業。
・昭和13/1938年に東京巨人軍に入団し、内野手として、1年目から二塁手のレギュラーとなる。以降、川上哲治、青田昇らと巨人の第一・第二黄金期の原動力となる。
・戦後は主に1番打者や2番打者として活躍した。昭和23/1948年10月16日の大陽戦では、1試合6得点を記録する。
・昭和25/1950年には、121試合の出場でリーグ最多となる105四球を選び、以後、昭和27/1952年まで、3年連続でリーグ最多四球を記録した。
・昭和261951年5月以降は、2番打者に定着し、特に同年のシーズン後半からは、与那嶺要と球界屈指の1・2番を形成するようになった。
・昭和31/1956年、現役を引退する。
・引退後は、コーチ・二軍監督を歴任する。
・昭和34/1959年、近鉄バファローの監督に就任。この際、内藤博文や大友工が呼応して移籍している。
・昭和36/1961年に、近鉄バファローの監督を辞任し、その後は野球評論家となる。・昭和55/1980年、野球殿堂入り。
・平成14/2002年、没、享年83歳。墓所は、松山市末広町の正宗寺にある。

<千葉茂のエピソード>

・千葉は、守備範囲の広い華麗な二塁守備で知られ、一塁を守っていた川上の守備範囲が狭かったため「千葉一二塁手」とも呼ばれた。送球の際は相手を見ずに投げるなど守備における動作は抜群で、戦前の名二塁手-苅田久徳の系譜を継ぐ選手として名を馳せた。また、二塁手としてベストナイン7回受賞は、高木守道と並んで史上最多である。
・右打者でありながら、どのコースの球もライト方向を狙う独特の打法で、通算96本の本塁打のうち、81本をライトに飛ばしたと言われている。その理由は戦前にクリーンナップを打つ中堅手だった頃に出塁した一番三原脩、二番水原茂を進塁させようとして身につけたバッティングであった。また、「バットにとりもちが付いている」と呼ばれるほどファウルで粘った末に、四球を選んで出塁する巧打者であった。
・千葉の監督就任以前の近鉄のチーム名は、近鉄沿線の伊勢湾で養殖されている真珠にちなみ「パールス」であったが、ファン投票の結果、千葉のニックネーム「猛牛」に因んで「バファロー」と名付けられた(後に「近鉄バファローズ」に変更)。球団のマーク「猛牛」は、千葉の友人であった岡本太郎のデザインである。



千葉茂の肖像


ライト打ちの名人


名二塁手



坪内 道典
(つぼうち みちのり)
(つぼうち みちのり)
<坪内道典の歴史>

・坪内道典(1936〜1948年までの登録名は、坪内道則)=昭和期〜平成期の日本プロ野球選手・監督。
・大正3/1914年、伊予郡郡中町(現、伊予市)で生まれる。
・松山商業、天王寺商業を経て、立教大学に進学するも中退する。
・昭和11/1936年の大東京軍の結成に参加する。
・昭和12/1937年の試合中の鎖骨骨折と、住職であった弟が出征し代わって住職を務めたことにより、徴兵検査で予備要員にとどまったため、プロ野球選手としては珍しく一度も戦場には赴かなかった。
・昭和21/1946年に、ゴールドスターで選手兼任監督としてプロ球界に復帰する。
・同年、25試合連続安打を記録し、当時これが日本記録とされたが、実は前年に野口二郎が31試合連続安打を達成しており、昭和24/1949年まで、それが判明していなかったため、幻の日本記録となった。
・昭和22/1947年、日本野球連盟より阪神の若林忠志とともに、日本国憲法公布記念の特別表彰を受けた。表彰では「野球名人」と称えられた。
・昭和23/1948年9月12日、南海ホークス戦で、日本プロ野球初の1,000試合出場を達成。その16日後の9月28日、急映フライヤーズ戦でやはり史上初の通算1,000本安打を達成した。
・昭和24/1949年に、助監督兼外野手として、中日ドラゴンズに移籍。
・昭和26/1951年限りで現役引退し、その後は中日監督、西鉄ライオンズコーチ、中日コーチ、ロッテオリオンズ二軍監督、中日合宿所の寮長を務めた。
・平成4/1992年、野球殿堂入り。
・平成9/1997年9月16日、心不全のため、没、享年83歳。




坪内道典の肖像


中日ドラゴンス時代の坪内


西本 聖
(にしもと たか
し)
(にしもと たかし)
<西本聖の歴史>

・西本聖=昭和後期〜平成期の日本プロ野球選手・指導者・野球解説者。
・昭和31/1956年、松山市で生まれる。松山商業卒業。
・昭和49/1974年、ドラフト外で読売ジャイアンツに入団する。
・昭和55/1980〜昭和60/1985年まで、6年連続2桁勝利を記録、特に昭和56/1981年には18勝を挙げて、リーグ優勝に貢献し沢村賞を受賞する。
・昭和63/1988年に4勝に終わると、平成元/1989年に交換トレードにより中日に移籍するが、椎間板ヘルニアのため低迷し、手術を受けたが成績不振で、平成4/1992年に自由契約となる。
・平成5/1993年に、巨人時代の先輩-土井正三が監督のオリックス・ブルーウェーブに移籍し、先発で5勝を挙げるも、契約交渉が決裂して再び自由契約となる。
・平成6/1994年に、再び巨人に復帰したが、ペナントレースでの一軍登板は無く、同年、引退。当初は、シーズン中の引退試合も検討されたが、チームが、最終戦まで中日と優勝争いを繰り広げたために見送られ、親友の定岡正二の企画の下、多摩川グラウンドで引退試合が行われた。
・引退後は野球解説者を経て、平成15/2003年に、阪神の投手コーチに就任し、チームがリーグ優勝した後、星野仙一監督の勇退の後を追うように、阪神を去った。
・平成22/2010年に、千葉ロッテマリーンズの投手コーチに就任したが、その後、球団から、平成24/2012年に、来季のコーチ契約更新はない旨を通知される。
・平成25/2013年より、オリックス・バファローズの投手コーチに就任。前年最下位だったチーム防御率を、リーグ1位までに引き上げ、平成26/2014年からは、同球団の2軍育成コーチを務めている。

<西本聖のシュート>

・当時監督であった長嶋茂雄は、西本のシュートを初めて見た時、「このシュートは天下一品のシュートだ。これだけで勝てる」と絶賛した。西本のシュートは球速より変化量と切れ味を重視しており、好調時のシュートは、アウトコースからインコースぎりぎりに曲がるので、打者の大きな脅威となった。カミソリシュートと呼ばれた平松政次とは対照的である。






西本聖の肖像


西本の独特のピッチングホーム


江川卓(左)と西本聖(右)


藤田 元司
(ふじた もとし)
(ふじた もとし)
<藤田元司の歴史>

・藤田元司=昭和期〜平成期の日本プロ野球選手・監督・野球解説者。
・昭和6/1931年越智郡宮窪村四阪島(現、新居浜市)で生まれる。
旧制県立新居浜中学(現、県立新居浜東高校)在学中に終戦を迎え、学制改革に伴って新制県立西条北高校(現、県立西条高校)へ転校した。
慶應義塾大学へ進学後、オーソドックスなオーバースローから繰り出す快速球を武器に、東京六大学リーグのスター選手として神宮球場を沸かせた。リーグ戦では通算63試合に登板して31勝19敗、227奪三振を記録したが、リーグ優勝は1年春の1回のみで、度重なる力投が報われず「悲運のエース」とも呼ばれた。
・大学卒業後、日本石油を経て、昭和32/1957年に、大学の先輩である水原茂の誘いで、読売ジャイアンツに入団する。
・入団1年目から17勝をあげて新人王に輝くと、昭和33/1958年には29勝、34/1959年には27勝をあげ、チームのリーグ優勝に大きく貢献し、2年連続MVPを獲得した。
・その後、登板過多で肩を故障したことにより、昭和35/1960年以降は成績が急降下し、昭和36/1961年、昭和38/1963年の日本シリーズでは、エースらしい働きはできなかった。
・昭和38年にコーチ兼任となり、翌、昭和39/1964年に現役を引退した。プロ入りの時期が遅かったこともあり、現役生活はわずか8年にとどまった。
・現役引退後は、監督の川上哲治の下で投手コーチに就任。堀内恒夫や高橋一三を育成して巨人のV9時代を支えたが、昭和48/1973年のシーズン途中に、投手陣不振の責任を取らされて二軍コーチに降格され、さらにスカウトへ異動させられるなどの辛酸も味わった。
・巨人退団後の昭和50/1975年に、大洋ホエールズの監督に就任した秋山登に請われて、大洋投手コーチに就任したが、チームは低迷。わずか2年でコーチを退任する。その後は、NHKの野球解説者に就任する一方、川上哲治を中心に行っていたNHK少年野球教室の講師を務めた。
・昭和56/1981年、長嶋茂雄の監督解任を受けて、巨人の第10代監督に就任。藤田(監督)、王貞治(助監督)、牧野茂(ヘッドコーチ)の3者によるいわゆる「トロイカ体制」を敷き、就任1年目にしてリーグ優勝。その勢いのまま同年の日本シリーズでは、パ・リーグ覇者の日本ハムファイターズを破り日本一に輝いた。
・昭和63/1988年のシーズン終了後、王貞治監督が解任されたことを受け、読売新聞名誉会長から懇願され、第12代監督として復帰。前回同様、就任1年目でリーグ優勝を成し遂げると、同年の日本シリーズで近鉄バファローズを下して日本一を達成。翌平成2/1990年にもペナントを制し、リーグ2連覇を達成したものの、日本シリーズではまたも西武の前に敗れた。
・監督業は、平成4/1992年限りで勇退した。
・平成8/1996年、野球殿堂入り。
・巨人軍OB会長を務めていた平成12/2000年頃から体調を崩し、NHKでの解説の仕事も固辞して療養していたが、平成18/2006年2月9日、心不全のため東京都世田谷区内の病院で没した。享年74歳。

<「悲運のエース」藤田>

・日本シリーズでは奮闘するもなかなか日本一の栄冠に届かず、ここでも「悲運のエース」と呼ばれることとなった。昭和33/1958年の日本シリーズにおいては、西鉄のエース・稲尾和久と並ぶ6試合に登板、防御率1.09を記録したものの、打線の援護なく1勝2敗に終わった。このシリーズでは、3勝1敗で迎えた第5戦、3対2と1点リードの9回裏2死3塁、あとアウト1つで日本一という場面まで迫ったが、このシリーズ不振だった関口清治に対し、胸元にシュートを投げ起死回生の中前タイムリーヒットを浴びている。結局この試合は稲尾のサヨナラホームランで西鉄が勝利した。・翌、昭和34/1959年の日本シリーズでは、南海のエース・杉浦忠の4連投4連勝の陰で第2戦、第3戦、第4戦と3試合連続で先発、22イニングを投げたが、やはり奮闘報われず2敗を喫している。その痩身と味方の貧打に耐え忍ぶ姿から、「元司」の音読みに掛けて「ガンジー」とも呼ばれた。

<藤田と四国アイランドリーグ>

・藤田は、平成17/2005年には、四国アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツアドバイザリースタッフを務めた。




藤田元司の肖像


悲運のエース藤田元司


藤本 定義
(ふじもと さだよし)
(ふじもと さだよし)
<藤本定義の歴史>

・藤本定義=昭和期の日本のプロ野球選手、東京巨人軍初代監督。
・明治37/1904年、松山市三番町で生まれる。
・松山商業、早稲田大学を卒業。松商、早大では投手として活躍、大正14/1925年秋の復活早慶戦で勝利投手となる。鋭いカーブを操り「カーブの藤本」と言われた。
・早大を卒業後、東京鉄道局野球部(現、JR東日本)の監督に就任。昭和10/1935年に、第1回アメリカ遠征から帰国した東京巨人軍との巡業試合で2勝をあげ、この時の手腕を見込まれ巨人監督に招聘される。
・昭和11/1936年に、第2回アメリカ遠征から帰国したチームに合流、この年から始まった公式戦に臨んだが、直後の夏季大会で2勝5敗と惨敗し、チームを鍛え直すために、兵役の終わった三原脩を助監督兼任選手として復帰させ、群馬県館林市の分福球場で猛練習を行い、秋季大会では、公式戦第1回優勝に導いた。
・藤本は、在任7年間の9シーズンで、7度の優勝という第一次黄金期を築き、昭和17/1942年のシーズン終了をもって巨人監督を辞任した。
・その後、空襲で家を失った戦争末期には、朝日軍オーナーの田村駒治郎の東京の別邸に身を寄せていた。
・昭和21/1946年に、後の太陽ロビンスの監督として球界に復帰すとともに、選手の待遇改善のために、日本野球選手会(現、日本プロ野球選手会)を発足させ、初代会長に就任した。昭和22/1947年限りで、監督辞任、退団。
・昭和23/1948年から、金星スターズ(後のは大映スターズ)、阪急ブレーブス監督。・昭和35/1960年から阪神のヘッドコーチ、途中から監督に就任し、昭和37/1962年には「打倒巨人」を掲げて、巨人OBの青田昇をヘッドコーチに招聘し、昭和37年及び39年にリーグ優勝。昭和41/1966年に、杉下茂投手コーチに監督を譲り、総監督となり、昭和43/1968年に勇退する。
・藤本は、読売巨人軍監督として、三原・水原・川上・千葉らの名選手を育て、その後、プロ野球各球団の監督を28年歴任し、監督としての実働期間は歴代最長。また、正式登録上の監督としての在籍球団数5球団は、三原脩・石本秀一と並ぶ最多タイ記録である。
・昭和49/1974年に野球殿堂入り。
・昭和56/1981年、没、享年76歳。

<プロ野球初の没収試合>

・藤本は、昭和21/1946年に、パシフィックリーグの監督に就任した際、戦前に他球団に所属していた選手を入団させたことで、没収試合を経験することとなった。
・終戦後、プロ野球は昭和21年から復活したが、戦後の混乱の中で選手契約についても議論が割れていた。具体的には、「プロ野球が一時休止になった時点で、いずれかのチームに所属していた選手は、そのチームに戻るべきである」という意見と、「戦後新しくスタートを切るのであるから、戦前の所属チームにこだわる必要はない」という意見である。
・藤本は「戦争が終わって、日本は1から出直すのであるから、職業野球も1から出直ことになり、したがって、選手も自由に球団を選べるべきだ」と、後者の考えを持っており、昭和19/1944年11月に、プロ野球が中止されて球団が解散した時に、選手のその後の手当を何もせずに、一方的に解雇したにも拘らず、選手の保有権を主張する球団の対応に藤本は不満を持っていた。そこで、戦前巨人に所属していたスタルヒンと白石勝巳、そして戦前阪神に所属していた藤井勇を、巨人・阪神両球団の許可無くパシフィックに入団させた。
・そこで、日本野球連盟は、「調査の必要もあり、いろいろな意見を聞いて慎重に決定する必要があるので、それまでは、対象になる選手の出場を見合わせるように」という通告を全球団に対して出していた。
・しかし、連盟の調査は長引き、ファンからも、3選手の出場を望む声が上がったことから、阪急西宮球場の合計4試合に、白石と藤井の2選手を、連盟の許可なく出場させた。これを知った巨人と阪神は、日本野球連盟に提訴した。
・これに対し藤本は、巨人と阪神の対応への不満に加え、戦前に巨人の選手であった青田昇と前川が阪急と契約し、白石や藤井と同様に試合に出場していたにも拘らず不問に付されている上に、その阪急の球団代表が、藤本を批判していたことを引き合いに出して反論した。
・その後、日本野球連盟は、「スタルヒンら3選手のパシフィックへの移籍は了承するが、白石と藤井が出場した4試合は、パシフィックの選手である裁定が出る前とみなし"没収試合"とする」という裁定を下した。また同時に、藤本は9日間の出場停止処分と制裁金200円を命じられた。その結果、この没収試合は、巨人の戦後初年度優勝を逃す一因にもなった。



藤本定義の肖像


野球殿堂入り(左)(1974)


森  茂雄
(もり しげお)
(もり しげお)
<森茂雄の歴史>

森茂雄=昭和時代の中等野球、大学野球の選手・プロ野球監督・実業家。
・明治39/1906年、
松山市萱町で生まれる。
・松山商業学校時代は内野手。早稲田大学に進学し、好打巧守の内野手として活躍。昭和5/1930年には主将を務め、その年不在だった監督の代行をも務めた。
早大卒業後、印刷会社-誠文堂に入社。仕事の傍ら早大野球部推薦の六大学リーグの審判となり、またクラブチーム-東京倶楽部のメンバーとして都市対抗野球に出場し、2度の優勝に貢献した。
・誠文堂を退社しフリーであった時に、「学生野球の父」安部磯雄に強く激励されたこともあり、昭和10/1935年に、新たに創設された大阪タイガースの監督として契約し、初代監督となる。しかし、翌、昭和11/1936年に突如解任された。これは直前に甲子園で行われた親会社-阪神電鉄の当時のライバル企業-阪急電鉄の球団-阪急軍との練習試合で、大敗したことが原因といわれている。
・昭和12/1937年に新設された、後楽園イーグルスの選手兼任監督として契約。昭和14/1939年まで指揮を執り、自身も代打として4回出場している。
・戦後、昭和21/1946年、請われて東京帝国大学野球部のコーチを務め、同大学初の2位躍進に貢献した。
・昭和22/1947年秋季〜昭和32/1957年まで、早稲田大学野球部の監督となり、任期21シーズン中9回の優勝を記録、同校の黄金時代を実現した。
・昭和34/1959年に、大洋ホエールズの監督兼社長に就任する。当初は球団社長のみ就任の予定であったが、当時西鉄ライオンズ監督だった後輩の三原脩を、ホエールズの監督に招聘するともりだあったが、三原引き抜きが報知新聞のスクープによって西鉄の知るところとなり頓挫したため、監督を兼任したといわれる。
・昭和35/1960年〜昭和47/1972年は、同球団の代表、昭和48/1973年〜昭和51/1976年まで、同球団の本拠地球場でもある川崎球場の社長を務めた。
・昭和52/1977年6月24日、没、享年71歳。同年野球殿堂入り。




森茂雄の肖像


初代大阪タイガース監督
森茂雄のユニフォーム(野球殿堂)





2020年・東京オリンピック!!