おすすめ観光スポット Total:39 (39)
その他 Total:38 (38)
季節の風景 Total:44 (19)
 (9)
 (6)
 (7)
 (3)
松山城 Total:43 (43)
道後温泉 Total:15 (15)
道後温泉 Total:5 (5)

   データベースにある画像は 184 枚です    

最新リスト

1 番~ 10 番を表示 (全 184 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 19 »


萬翠荘でバラ展

萬翠荘でバラ展新着
投稿者高橋高橋 さんの画像をもっと!   カテゴリー    前回更新2017/5/23 8:54    
ヒット数11  コメント数0    
先日、重要文化財の萬翠荘にて バラ展が開催されました。最終日の5/14(日)は、好天に恵まれたくさんの愛好家の皆さんでにぎわいました。終日、萬翠荘はバラの香りに包まれていました。

柳原極堂生誕150年、記念の句碑建立

柳原極堂生誕150年、記念の句碑建立
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   カテゴリーおすすめ観光スポット    前回更新2017/5/6 18:24    
ヒット数49  コメント数0    
今年、子規・漱石・極堂生誕150年を迎え、松山市では色んな記念行事が開催されている。その一つとして、俳誌「ホトトギス」の創設者、柳原極堂(慶応3年2月11日?昭和32年10月7日)生誕150年を記念し、顕彰団体「松山極堂会」が、記念の句碑を4月30日に松山市北立花町の井手神社境内に建立しその除幕式が行われた。
画像は、柳原極堂生誕150年、記念の句碑。
句は、極堂の辞世の句「吾生(わがせい)は へちまのつるの 行き處(どころ)」。

柳原極堂の句碑除幕式

柳原極堂の句碑除幕式
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2017/5/6 11:32    
ヒット数53  コメント数0    
今年、子規・漱石・極堂生誕150年を迎え、松山市では色んな記念行事が開催されている。その一つとして、俳誌「ホトトギス」の創設者、柳原極堂(慶応3年2月11日?昭和32年10月7日)生誕150年を記念し、顕彰団体「松山極堂会」が、記念の句碑を4月30日に松山市北立花町の井手神社境内に建立しその除幕式が行われた。
極堂、本名は正之、正岡子規(慶応3年9月17日?明治35年9月19日)と同年生まれで明治30年には、俳句雑誌「ほとゝぎす」(後のホトトギス)を創刊。子規の死後も顕彰に尽力した人物である。明治29年、子規から号を「極堂」とするようにいわれ、 以後これに従った。その生涯はまさに子規の後ろ姿を追いかけるものであったと記述がある。

秋山淳五郎眞之の生誕149年祭

秋山淳五郎眞之の生誕149年祭高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2017/3/15 13:31    
ヒット数170  コメント数0    
3月20日開催された秋山淳五郎眞之の生誕149年祭が開催されます。
式典後、伊豫売茶流・天山会の茶会が開催されます。

                  記

1、日  時  平成29年3月20日(春分の日)
        午前 9時30分 式典
        午前10時00分 伊豫売茶流・天山会の茶会 
        正派邦楽大師範箏・三絃「前谷雅貴社中」
        小・中学生の琴演奏会
2、茶  会  生誕148年祭式典後お茶会開催
        午後 3時 閉会
3、場  所  秋山兄弟生誕地 武道場「松山市歩行町二丁目3        番地6」
4、来  賓  愛媛県知事・松山市長・山下亀三郎氏の孫、山下        洋次郎氏(東京在住)・山下家本家、山下重蔵氏        (宇和島市)予定
5、参  考  秋山眞之誕生日  慶応4年3月20日

画像は、昨年開催のものです。

秋山好古生誕158年祭開催されました

秋山好古生誕158年祭開催されました高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2017/1/10 11:51    
ヒット数338  コメント数0    
昨日1月9日、秋山好古生誕158年祭が松山市歩行町二丁目にある秋山兄弟生誕地で盛大に開催された。
今年は、中村愛媛県知事さん、野志松山市長さん共に今年開催される愛媛国体開催準備会と重なり代理の方がご臨席されました。お祝いには県内外から多くの秋山好古愛好者の方々がお越しになり恒例の記念餅搗きを行い、参加者に搗きたてのお餅が振舞われました。
画像は、秋山好古愛好者の方々で賑あう秋山兄弟生誕地。

道後アート「ひかりの実」

道後アート「ひかりの実」高ヒット
投稿者高橋高橋 さんの画像をもっと!   カテゴリー    前回更新2016/12/16 9:30    
ヒット数650  コメント数0    
12/11から1/9まで道後公園にて、道後アート「ひかりの実」が開催されています。手作りの2000ヶの光がイルミネーションの道を作っています。きれいですよ!!

秋山兄弟合気道、道場設立10周年記念式典

秋山兄弟合気道、道場設立10周年記念式典高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2016/11/7 9:56    
ヒット数593  コメント数0    
10月23日(日)松山市歩行町二丁目にある秋山兄弟生誕地武道場で、秋山兄弟合気道、道場設立10周年記念式典が、中村時広愛媛県知事、公益財団法人 合気会 合気道本部道場( 東京都新宿区若松町17-18)長、植芝充央道場長、A・K・I(合気道研究会インターナショナル)神奈川県横浜市戸塚区武田道場代表師範、武田義信8段のご臨席の下最大に開催されました。
また、カナダで道場を開設している道場長5名の方々、愛媛県合気道連盟、愛媛大学合気道部、87名が参加して記念式典が行われ、式典後、合気道本部道場、植芝充央本部道場長の指導の演技がおこなわれました。

記念式典で祝辞を述べられた中村時広愛媛県知事の言葉。
祝辞の中で、知事さんは、学生時代に司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」を読み、郷里松山から秋山兄弟(好古・眞之)の凄い人がいた事に気づいた。松山市長になった時に正岡子規と秋山兄弟の事を基盤として取り組んだのが、坂の上の街づくりでした。その原点が秋山兄弟生誕地で、本日秋山兄弟合気道道場開設10周年、関係者の日頃のご努力に敬意を表します。
これからも青少年の教育の一つとして益々のご発展を祈念いたしますと挨拶され、最後になりましたが、来年、平成29年9月30日?10月10日迄、第72回国民体育大会愛媛国体が開催されます。競技種目ではございませんが「合気道」が公開演技として愛媛県武道館で披露されます。みなさん全国の皆さん方に立派な演技を披露して下さいと挨拶を締めくくられた。

この武道場は、明治20年8月秋山眞之(後の海軍中将)が海軍兵学校在学中、夏期休暇を利用して鹿児島に行き、旧薩摩藩の教育「郷中教育」を見聞して帰り友人勝田主計・山路一膳・小川尚義・烏谷章などに諮り古町大林寺に書生40人を集めて青少年教育の必要性を説き、出渕町に松山同郷会を創立、剣術・柔道・相撲を心身鍛錬の手段とした事が始まりで、旧藩主久松定謨の援助を受け松山市二番町、(現、愛媛県銀行協会所在地)へ武道場を備えた2階建ての会館を建設、初代会長に鈴木重遠(旧久松家家老)が就任した。
戦後松山市歩行町秋山兄弟生誕地跡に県から委譲を受けた寺院作りの堂々たる道場を持ち財団法人常盤同郷会(当時の理事長久松定武)として復興再出発した。

 現在の建物は、昭和20年4月、愛媛県が青少年修練場として松山市御幸町の護国神社の側に建てたのを、昭和24年に生誕地へ移築されたもので、当時は愛媛県の児童福祉や県の福祉関係の行事に使用されていた。
愛媛県立保育専門学校第1期生はこの建物で勉学に励み卒業した。
昭和28年財団法人常盤同郷会が発足時に県から払い下げを受けそれ以来武道場として使用されて現在に至っている。


伊予松山藩雨乞いの滝「雨滝」

伊予松山藩雨乞いの滝「雨滝」高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2016/11/7 9:08    
ヒット数509  コメント数0    
伊予松山藩の「雨乞いの行場」として知られる景勝地が「雨滝」で、白猪、唐岬の滝水を集めて落下する水の音、樹林に覆われ昼でも薄暗い滝壺は、祈りの場にふさわしい空気が漂っている。
東温市河之内の表川に懸かる滝で、国道494号線沿いに滝の案内板があり、国道から少し入ると「雨滝」を上から見ることが出来る。
場所は、金毘羅寺の直ぐ手前(松山市より)に案内板があるので右折して200mである。
高さは3m程で滝と言える規模ではないが、雨乞いの行場として知られる景勝地とされている。
白猪の滝や、唐岬の滝の水を集めて上下に大きな淵を持つ祈りの場である。

伊予松山藩内では、天明前後して旱魃(かんばつ)長雨等気候不順で、浮塵子(うんか)が大発生し農作物の被害甚大で餓死者が大勢出た。
伊予だけでなく全国的に飢餓状態で、天明3年には浅間山の大噴火があり、東北地方はこの影響を受けて大冷害の年であった。

松山城天守が落雷で焼失したのも天明4年(1784)であった。
享保9年(1724)、宝暦5年(1755)、宝暦11年(1761)、寛政11年(1799)この1700年代には松山藩は大旱魃で水争いが各所で勃発し争いで死人が出ている。
寛政11年(1799)7月の大旱魃による被害は67、000石余に及んだと記録がある。
この年代の伊予松山藩城主は、第5代松平定英?第9代松平定国の時代で、当時の藩民特に農民は苦労したと思う。

雨乞いの祈祷が伊予松山藩内で多くの所で行われているが、此処で紹介する「雨乞いの滝・雨滝」はその一つで、当時を伺うことが出来る貴重な場所である。
通常は水神が住むとして清浄を保つが、旱魃になると雨乞いの行場として祈祷を行ったのでしょう。
「雨乞いの滝・雨滝」の側には大きな桜があった。


伊予松山藩初代城主・加藤嘉明お手植えの杉

伊予松山藩初代城主・加藤嘉明お手植えの杉高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2016/11/7 9:01    
ヒット数494  コメント数0    
東温市河之内にある「金毘羅さん」と親しまれている松尾山金毘羅寺は、長寛年中の創立で称明寺と称されていたが、慶長年間、伊予松山初代城主・加藤嘉明によって改築「金毘羅寺」と改められた。寺の本堂の前には嘉明のお手植えといわれる四本の杉が聳え、その歴史を物語っている。

東温市の説明板では、金毘羅寺の四本杉を次のように説明している。
天然記念物の金毘羅寺の四本杉、「参道最上部の石段の上に、本堂前の左に2本、右に2本ずつの円柱状にあり、大きさは約四メートル前後、高さは39メートル余、寺伝では領主 「加藤嘉明」 お手植えの杉と伝えられている。
後年石垣・石段造築によって、かなり埋め立てられたが、いずれも、樹皮に赤味がさして、若々しく、真直ぐに天に伸びた幹の偉観は四本の杉の特徴。
伊予路に大きさで勝る杉はまだあるが、四本そろっての杉は寺社の尊厳高揚に欠かせないものである。
金毘羅寺境内にはほかに猩々紅葉があり、秋の紅葉は寺自慢の一つでまた、鳥居横の石段の下にあるウラジロガンは県下隋一の巨木である。」と説明されている。


白猪の滝

白猪の滝高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   カテゴリーその他    前回更新2016/11/7 8:44    
ヒット数507  コメント数0    
先日(11月2日)、松山観光コンベンション協会所属、松山観光ボランティアガイドの会、角田さんの案内で会員有志15名が、愛媛県立皿ヶ嶺連峰自然公園の中に位置する、高さ96mの滝「白猪の滝」と「金毘羅寺境内にある初代伊予松山城主加藤嘉明の御手植えの杉、そして雨滝(雨乞いの滝)、を鑑賞し研修して来た。・・白猪の滝は愛媛県滝6選の一つであります。


1 番~ 10 番を表示 (全 184 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 19 »



会の紹介 | お問合せ及びアンケート | Q&A | おいでんか通信 | 個人情報保護ポリシー | サイトマップ
(連絡先)〒790-0004 松山市大街道3丁目2-46 松山城山ロープウェイ駅舎2階 TEL/089-935-5711 FAX/089-921-0286
Copyright 松山観光ボランティアガイドの会. All rights reserved.