アルバムトップ : 季節の風景 :  松山市指定天然記念物「十六日櫻」二ケ所で開花始まる

[<     1  2  3  4  5  6  7     >]

松山市指定天然記念物「十六日櫻」二ケ所で開花始まる
松山市指定天然記念物「十六日櫻」二ケ所で開花始まる高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   前回更新2014/3/15 11:04    
ヒット数1468  コメント数0    
松山市指定天然記念物「十六日櫻」二ケ所で開花始まる
今年の冬期は厳寒で桜の開花が遅れると予報が出ている中、やっと松山に桜の季節がやって来た。
松山市には、十六日桜「別命:イザヨイサクラ」が三ヵ所ある。
一つは、松山市山越三丁目にある龍穏寺で、二つ目は、松山市御幸町一丁目にある天徳寺、三つ目は、同町にある吉平屋敷跡で天徳寺と吉平屋敷跡の桜は、昭和45年5月18日に松山市が天然記念物に指定している。
昨日(14日)天徳寺と吉平屋敷跡に行き天徳寺は、副住職の許可を得て撮影、吉平屋敷跡は自由に観賞出来るので断りをする必要は無く撮影することが出来る。
十六日桜「別命:イザヨイザクラ」は、小泉八雲が孝子桜として世界に紹介したことから有名になった。
桜花が見たいと願う病父のために孝子息子、吉平が桜に祈ったところ、寒中1月(旧暦)にもかかわらず、十六日に花が咲いたと言う伝説の桜である。

[<     1  2  3  4  5  6  7     >]



会の紹介 | お問合せ及びアンケート | Q&A | おいでんか通信 | 個人情報保護ポリシー | サイトマップ
(連絡先)〒790-0004 松山市大街道3丁目2-46 松山城山ロープウェイ駅舎2階 TEL/089-935-5711 FAX/089-921-0286
Copyright 松山観光ボランティアガイドの会. All rights reserved.