アルバムトップ : 道後温泉 :  道後温泉本館「振鷺閣の刻太鼓」

[<     9  10  11  12  13  14  15  

道後温泉本館「振鷺閣の刻太鼓」
道後温泉本館「振鷺閣の刻太鼓」高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   前回更新2010/11/24 12:34    
ヒット数3410  コメント数0    
道後温泉本館「振鷺閣の刻太鼓」

道後温泉本館の諸施設の充実が図られたのは、寛永12年(1636)に松平定行が伊予松山城主として入部してからで、特に明治に入ってから本館の大改築が進められ、現在の本館は明治27年に完成し現在の三階楼となった。

平成8年に、本館最上階にある「振鷺閣・しんろかく」の刻太鼓が環境庁(当時)の残したい「日本の音風景100選」に指定され、現在も時刻を告げる「刻太鼓」として職員が、朝・夕6時に6回・昼12時に12回打ち鳴らし情緒をかもしだしている。

画像は、昨日(11月23日)滋賀県と兵庫県から観光に来られた4名の方から是非とも道後温泉の刻太鼓を聞きたいと要望があり昼12時に女子職員が12回打ち鳴らす様子を案内した。

太鼓が鳴り出すとなんとも言えない情緒をかもしだし観光客もその風情を楽しんでいた。

[<     9  10  11  12  13  14  15  



会の紹介 | お問合せ及びアンケート | Q&A | おいでんか通信 | 個人情報保護ポリシー | サイトマップ
(連絡先)〒790-0004 松山市大街道3丁目2-46 松山城山ロープウェイ駅舎2階 TEL/089-935-5711 FAX/089-921-0286
Copyright 松山観光ボランティアガイドの会. All rights reserved.