アルバムトップ : その他 :  松山市で「松山義士祭」

[<     34  35  36  37  38  39  40     >]

松山市で「松山義士祭」
松山市で「松山義士祭」高ヒット
投稿者jr5eekjr5eek さんの画像をもっと!   前回更新2010/12/14 18:28    
ヒット数4032  コメント数0    
今日、12月14日松山市で「松山義士祭」が行われた。
元禄14年(1701)浅野内匠頭の江戸城松の廊下の刃傷から、同15年(1703)大石内蔵助良雄達の吉良邸討ち入り、同16年(1703)の浪士の切腹に至るまでの一連の事件は、今日まで歴史上のみならず、書籍、映画、演劇、講談と多岐にわたる分野に取り上げられている。
討ち入りした46人(寺坂吉衛門を除く)は、泉岳寺で内匠頭の墓前に上野介の首級を供えた後、幕府大目付けへ自首し、細川、水野、毛利、伊予松山藩に預けられ、伊予松山藩には、大石主税ら10名を江戸藩邸へ収容し、切腹まで面倒をみた。この内大高源吾、木村岡右衛門の切腹の介錯をした藩士宮原久太夫は両名の遺髪を藩主の許しを得て、松山にある自分の菩提寺である興聖寺(こうしょうじ)へ二人の墓を建立し納め供養した。その墓は現在も残っている。

[<     34  35  36  37  38  39  40     >]



会の紹介 | お問合せ及びアンケート | Q&A | おいでんか通信 | 個人情報保護ポリシー | サイトマップ
(連絡先)〒790-0004 松山市大街道3丁目2-46 松山城山ロープウェイ駅舎2階 TEL/089-935-5711 FAX/089-921-0286
Copyright 松山観光ボランティアガイドの会. All rights reserved.