松山市大街道商店街(俳句甲子園の予選会場)の柱に歴代の最優秀句がのペナントが貼られています。
松山市南部郊外の椿神社にも歴代最優秀句の石碑が設けられています。

         
第1回俳句甲子園 1998年
      秋立ちて加藤登紀子が愛歌う     白石 ちひろ 愛媛県立松山中央高等学校  

 

  



第2回俳句甲子園 1999年
      朝顔の種や地下鉄乗り換えぬ            森川 大和 愛光高等学校

 


第3回俳句甲子園 2000年
      裁判所金魚一匹しかをらず          菅波 祐太 愛光高等学校


第4回俳句甲子園 2001年
      カンバスの余白八月十五日           神野 紗希 愛媛県立松山東高等学校

 


第5回俳句甲子園 2002年
      夕立の一粒源氏物語 佐藤 文香         愛媛県立松山東高等学校

 


第6回俳句甲子園 2003年
      小鳥来る三億年の地層かな           山口 優夢 開成高等学校


第7回俳句甲子園 2004年
      かなかなや平安京が足の下         高島 春佳 京都市立紫野高等学校

 


第8回俳句甲子園 2005年
      土星より薄に届く着信音           堀部  葵 京都市立紫野高等学校

 


第9回俳句甲子園 2006年
          宛先はゑのころぐさが知つてをる            本多 秀光 愛媛県立宇和島東高等学校

 


第10回俳句甲子園 2007年
        山頂に流星触れたのだろうか          清家 由香里 愛知県立幸田高等学校 翡翠

 


第11回俳句甲子園 2008年
        それぞれに花火を待つてゐる呼吸            村越 敦 開成高等学校A     

 


第12回俳句甲子園 2009
              琉球を抱きしめにゆく夏休み            中川 優香 熊本県立菊池高等学校

 


第13回俳句甲子園 2010年
    カルデラに湖残されし晩夏かな        青木 智 開成高等学校B

 

 第14回俳句甲子園    2011年
    未来もう来ているのかも蝸牛           菅 千華子 神奈川県立厚木東高等学校B 

 

第15回俳句甲子園  2012年
月眩しプールの底に触れてきて   佐藤 雄志 東京都開成高等学校A

 

     

第16回俳句甲子園  2013年
夕焼けや千年後には鳥の国     青木 柚紀 広島県立広島高等学校
     

 

第17回俳句甲子園  2014年
湧き水は生きてゐる水桃洗ふ  大橋 佳歩 愛知県立幸田高等学校

プリンタ用画面
投票数:40 平均点:6.25
前
2015年度ガイドコース一覧表
カテゴリートップ
「俳句甲子園全国大会支援コーナー」
次
句 碑

会の紹介 | お問合せ及びアンケート | Q&A | おいでんか通信 | 個人情報保護ポリシー | サイトマップ
(連絡先)〒790-0004 松山市大街道3丁目2-46 松山城山ロープウェイ駅舎2階 TEL/089-935-5711 FAX/089-921-0286
Copyright 松山観光ボランティアガイドの会. All rights reserved.