トップ  >  「エリア」で探す  >  「坂の上の雲」のまち 松山めぐり(市内全域エリア)  >  1.正岡子規の生い立ちをたどるコース(『坂の上の雲』のまち松山めぐり)

2.正岡子規の生い立ちをたどるコース(所要時間・約2時間30分)

(開催日) 予約制

(集合場所・時間)伊予鉄松山市駅前・坊っちゃん広場 13:15 

ルートマップ

 施設のご案内

①正岡子規誕生邸跡                                                                                             正岡子規は、慶應3年9月17日、温泉郡藤原新町(現、松山市花園町3番5号)で、父・正岡常尚、母・八重の長男として生まれた。本名・常規、幼名を処之助、のち、升と改める。「子規」は俳号である。

(「正岡子規誕生邸址」碑)


②正岡子規墓碑銘                                                                                             伊予鉄道・松山市駅前の市電乗り場横の緑地帯に、正岡子規の墓碑銘のレプリカ(実物は、東京田端の大竜寺)がある。碑面の文は、子規が明治31年に友人の河東可詮(河東碧梧桐の兄)に贈ったもので、簡にして意を尽した名文である。子規はその4年後の明治35年9月19日に没した。享年35歳。

(子規が河東可詮に贈った「墓碑銘」(レプリカ))


③正岡子規生い立ちの家跡                                                                                             正岡子規一家は、明治2年(子規2歳)に、子規が生まれた家から長町新町(現、湊町4丁目)に移ったが、この家は火事で焼失し、程なくして同地に再建された。子規はこの家で16歳で上京するまで過ごした。

(「正岡子規生い立ちの家跡」碑)


④子規母堂・令妹住居跡                                                                                             子規が明治16年に上京後、明治21年、子規の母・八重と妹・律は、子規生い立ちの家に近い母の実家である大原家の敷地内に建てられた家に移った。そこに、明治25年に子規の勧めで東京の子規宅に転居するまで過ごした。

(「正岡子規母堂・令妹住居跡」碑)


⑤薬師寺                                                                                             「薬師寺」は、松山市泉町の県立中央病院のすぐ東隣にある。寛永3年に、加藤嘉明が足立重信による石手川改修後の氾濫を心配して、祈願のため建てた寺であると伝えられている。正岡子規は、明治28年10月2日、一人で吟行に出たときここを訪れ、「薬師寺二句」と題して「ひょんの木」と「西瓜」の句を残した。

(現在の「薬師寺」本堂)


⑥末広学校跡(法龍寺)                                                                                             明治の初め、正岡子規らが通った「末広学校」は、松山末広町にある法龍寺の本堂を使っての寺子屋式学校であった。またここには、現在、正宗寺にある正岡家累代の墓が、昭和2年まであった。

(子規らが通った「末広学校」があった法龍寺)


⑦興聖寺)                                                                                             「興聖寺」には、加藤嘉明の会津移封の後、松山城主になった蒲生忠知の供養碑がある。また、赤穂浪士の大高源吾と木村岡右衛門の墓(埋髪)がある。元禄時代、松山藩の江戸屋敷で、吉良邸に討ち入った大石主税他9名が切腹をしたが、この二人の切腹の介錯をした松山藩士・宮内久太夫がその供養のため両士の墓を建てた。

(赤穂浪士の墓がある「興聖寺」)


⑧子規堂(正宗寺)(子規堂入館料・50円)                                                                                             正宗寺の境内にある「子規堂」は、正岡子規生い立ちの家一部を復元したものである。この他、境内には、子規埋髪塔、正岡家累代の墓、鳴雪先生髯塔、坊っちゃん列車などがある。

(正宗寺境内にある「子規堂」)


 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:120 平均点:5.33

前
3.「秋山兄弟と子規・漱石」の城下町コース(『坂の上の雲』のまち松山めぐり
カテゴリートップ
フィールドミュージアムコース
次
5.「正岡子規と夏目漱石」の城下町コース(『坂の上の雲』のまち松山めぐり)

プリンタ用画面
投票数:58 平均点:7.24
前
3.「ロシア兵墓地」と「一草庵」コース(『坂の上の雲』のまち松山めぐり)
カテゴリートップ
「坂の上の雲」のまち 松山めぐり(市内全域エリア)
次
2.「秋山兄弟と子規・漱石」の城下町コース(『坂の上の雲』のまち松山めぐり

会の紹介 | お問合せ及びアンケート | Q&A | おいでんか通信 | 個人情報保護ポリシー | サイトマップ
(連絡先)〒790-0004 松山市大街道3丁目2-46 松山城山ロープウェイ駅舎2階 TEL/089-935-5711 FAX/089-921-0286
Copyright 松山観光ボランティアガイドの会. All rights reserved.