概要

   平成23年、呉にて 「瀬戸内観光ガイドシンポジューム」 開催。瀬戸内の各地から多くのガイドが集まる初め
てのシンポジュームとなり、 「海がつなぐ交流と連携」 と題する基調講演がありました。
翌24年、同じく  「瀬戸内観光ガイドシンポジューム」 開催。 「外国人から見た瀬戸内の魅力」 を、日本に住む
外国人の立場で講演され、その後、瀬戸内観光ガイドネットワークづくり・協働宣言等へと繋がっていきました。
同年のシンポジュームに先立ち 「松山観光ボランティアガイドの会」 では、平成23年12月に「瀬戸内」 をテー
マとした広域連携(「瀬戸内・松山」構想)を、 「松山市」 × 「呉市」(ボランティアガイドの会・事業者・行政) のコ
ラボレイトガイドとして取組みを開始しました。
   この「民」×「産」×「行」三者協働の取り組みは、全国でも初の試みとなります。松山市の 「瀬戸内・松山」構想
については、広島県 「瀬戸内海の道構想」 の展開とも軸を一にしているものとして連携を深めているものです。
(資料/松山市)
    また、平成26年3月には、瀬戸内海は日本初の国立公園として指定80周年を迎えます。3年間にわたり放
送されたスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 の主人公たちは、高い 「志」 を胸に松山からこの 「海の道」を旅立ち
ました。秋山真之は、江田島で学び、瀬戸内の伊予水軍の戦法を研究した戦略で大きな功績を挙げました。そ
して、正岡子規は、この 「海の道」 をわたり、呉や宮島にも多くの句を残しています。(参考資料/松山市)
   今年、この瀬戸内海を舞台とする大河ドラマ  「平清盛」 の放映が始まりました。伊予水軍の海域、瀬戸内海
の 「多島美」と 「海の道」 に残る中世から近世の物語を、是非、実感していただきたいと思い私たちガイドの会
の取り組み状況をHPで紹介しています。

プリンタ用画面
投票数:33 平均点:6.97
カテゴリートップ
「瀬戸内はいくるーず」
次
活動状況

会の紹介 | お問合せ及びアンケート | Q&A | おいでんか通信 | 個人情報保護ポリシー | サイトマップ
(連絡先)〒790-0004 松山市大街道3丁目2-46 松山城山ロープウェイ駅舎2階 TEL/089-935-5711 FAX/089-921-0286
Copyright 松山観光ボランティアガイドの会. All rights reserved.